2010年11月20日

多読 年間100冊読了への挑戦(哲学的な何か、あと科学とか)

『哲学的な何か、あと科学とか』 飲茶/著

この本は、実に面白い。
今年読んだ本でもっとも面白い。
しかし、かなり危険な本でもある。
注意が必要だ。

この本は、科学に関する本である。
しかし、哲学の本でもある。
著者は、「この本は哲学の本だ」というかもしれないが。

アインシュタインの登場と量子力学の誕生依頼、科学の分野、特に物理学の分野は、哲学と融合したかの如くの歩みを見せている。
この本で、科学と哲学は表裏一体であることを改めて思い知らされた。

「哲学と宗教には気をつけろ!」 おやじの口癖だ。(ウソです)

学生のころ、私は量子力学をとことん嫌った。
アインシュタインよろしく、私も「神はサイコロを振らない」と強く信じる信者のひとりだ。
そのため、量子力学には反対の態度を取ってきた。
量子力学をはじめ、電磁波工学、物性工学といったシュレディンガーの波動方程式が出てくる教科には、とことん反抗的な態度を取ってきた。

なんといってもあの記号、波動方程式を表すハミルトニアン、なんともいやらしさを感じる。
物理学には実に似つかわしくない。

ということで、量子力学にとことん反抗的であった私は、成績表という形で仕返しを受けるはめとなったのだが・・・。
※ 誰ですか?単に、頭が悪かっただけだろ、なんてことをいう人は。

本題に戻そう。

この本には、数式らしいものは一切載っていない、にもかかわらず、読みきるのに10日を要した。
それは、理解出来ない部分はページを戻って読みなおしたり、考えすぎて頭脳がホットになったときは頭を冷やしてから読み進んだりしたためである。
並行して別な本も読んでいたのだが、この本を読み切る間に、1冊半も読めてしまった。

なんといってもこの本でもっとも面白かったのは、「3章 量子力学とは」である。
これを読めば、量子力学が如何にヘンテコな学問であるか、わかるであろう。
実験結果を都合よく説明するために、事実としては到底考えられない説明をしているように思えてならない。
すなわち、例えば手品師が何も無いところからボールを出したのをみて、この人には何も無いところからボールを発生させる能力がある、といっているに等しい。
まともな判断力をもった者であれば、量子力学は信頼できない、というハズである。

この本を読むまで、私は知らなかった。
シュレディンガー量子力学の考え方が嫌いで、こんなへんてこな科学に関わったことを後悔して物理学者をやめたということを。
また、物理学の世界から去るときに、量子力学をけなすため考えた思考実験が「シュレディンガーの猫」であったということを。

シュレディンガー、おぉ同士!!! と叫びたい!

あれほど嫌っていたシュレディンガーの波動方程式、親しみを覚えてしまうではないか。
学生時代にこの本があれば、もう少し量子力学に対する興味、理解も変わったかもしれない。

そして、「第5章 もっと哲学的ななにか」では、ドラえもんのどこでもドアの恐怖が書かれている。
怖い、夢にでてきそうだ。
昔、プレステージという映画を見たが、これを思い出す。

また、脳半分人間
もとに戻せることならば、私も一度脳幹を切ってみたいものだ。
どのような世界観になるのか味わってみたい。

・・・こういったことを考え始めると、夜も眠れなくなる。
仕事も手につかなくなる。
家庭の崩壊につながる危険な本である。

(本日までの記録:今月5冊 合計47冊)
posted by エンタ at 08:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

多読 年間100冊読了への挑戦(「書ける人」になるブログ文章教室)

『「書ける人」になるブログ文章教室』 山川健一/著

本の題名から、ブログの文章の書き方について実用的なことが書かれている、という印象をうけるかもしれないが、最後の章に小説の書き方が少し書かれている程度で、文章の書き方に関する実用的な内容はほとんど書かれていない。
日本でのブログの傾向やあり方、著者の人気ブログを書籍化した経験、ブログに対する想い、などといったことが綴られている。
題名から、実用的な書き方に関するものと思ってこの本を手にした人は、期待はずれになるかもしれないので注意が必要。

アメリカと日本のブログの性質を比較すると、アメリカでは情報交換やジャーナリズムの性質が高いのに比べ、日本では日記的性質が高く、日記を使った自己表現の場という、一味違った独自の文化を展開しているそうである。

著者は、日本は古来から、日本三大随筆『枕草子』、『方丈記』、『徒然草』に代表されるような日記型文学が根付いており、日本のブログもその文化にマッチしたものであり、自己表現の原点であるという。

なかなか面白い理論を展開するなあ、と感心させられた一冊である。

ん、ちょっと待て。
このブログのタイトルは、

「エンタの徒然日記」・・・。

なかなか面白いどころではなく、全くその通りではないか!

あやしうこそものぐるほしけれ。


(本日までの記録:今月4冊 合計46冊)
ラベル:読書 多読 ブログ
posted by エンタ at 11:21| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ノンアルコールビールで痩せた妻とそのままの私

我が家では、私と妻が毎晩晩酌にビールをお互いに1、2缶飲む。

そのビールであるが、健康のために今年の5月頃から、ノンアルコールビールに切り替えた。

いろいろなノンアルコールビールを試した。
最近のノンアルコールビールは、かなり優秀で、満足のいくものが多いので喜ばしいことだ。
※ お気に入りのノンアルコールビールの紹介は次回にするとして。

ところで、この5ヶ月間で気づいたことがある。
私の体重は変わっていない。
これは確かである。

ところが、妻は腹の周りの贅肉が減っているのである。

本人も認識しているようで、痩せた理由を「ビールをやめてノンアルコールビールにしたからじゃないかな?」とというのである。
決してダイエットのためにノンアルコールビールにしたわけではないが、確かに、ダラダラと飲みながらつまみを食べる時間は減った。
そういった影響かもしれない。

それで、どのくらい減ったのかを知りたいのだが・・・ところが、これがわからない。
なぜならば、うちの妻は体重計に絶対乗らないからである。

残念だが、どの程度痩せたのかは、神のみぞ知る、である。
posted by エンタ at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

多読 年間100冊読了への挑戦(村上式シンプル英語勉強法)

『村上式シンプル英語勉強法』 村上憲郎/著

現在のグーグル株式会社名誉会長(出版時は米Google副社長)である村上憲郎氏が、自らの体験と実践を基に、英語を身につけるために行うべきこと、やらなくても良いことをシンプルに、かつ、パワフルに書いている。

内容は分かりやすくシンプルなためか、一般的な英語の勉強法に関する書籍と比べるとかなり薄い。
しかし、本の厚さ(薄さ)に反比例して、やるべきことはパワフルで、覚悟と根気を必要とする内容である。

この本の副題は「使える英語を、本気で身につける」とあるが、ここで強調されるべき言葉は「本気」という部分である。

著者の考えは、英語は言葉なんだから理屈じゃなくてやればだれでもできる(どこかの予備校の宣伝みたいですが)、完璧を目指さずとにかくペースよく前進して量をこなすことが大切であると説く。
あたかも英語は筋力トレーニングであり、ダラダラやっていてはだめで、一定期間に程度の負荷をかけたトレーニングを続けないと、英語力という筋肉はつかないということである。

ガツンときた1冊であった。

「よ〜し、今はいそがしいので、来年からやろう!」
って、これだから私はいつまでたっても英語が話せないんだな・・・。

(本日までの記録:今月3冊 合計45冊)
posted by エンタ at 00:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

多読 年間100冊読了への挑戦(子どもが本好きになる七つの法則)

『子どもが本好きになる七つの法則』 有元秀文/著

子供への読み聞かせ、ただ読み聞かせるだけではなくちょっとした働きかけで、子供の成長を大きく助けるものだ、ということを認識させられた本である。

我が家にも、幼稚園に通う娘がいる。
寝る前には「本を読んで」とせがまれることがよくあり、寝る前に読み聞かせを行うことは多い。
その方法はというと、ただ本を読んであげるだけ。
こちらとしては、眠気を誘う睡眠薬としての役割程度、としてしか考えていなかった。

「読み聞かせが子供の成長に重要である」
このことは、どこかで聞いて知っていた。
しかし、なぜ読み聞かせが子供のためになるのか、また、読み聞かせはどのようにすればよいのか、そこまでは知らなかった。
特に、読み聞かせでは、読んだ後に親子で語り合うことが非常に重要であることなど、全く知らなかった。

読み聞かせ後にその本の内容や感想について親子で語り合うことは、子供の記憶力と読解力の発達を促し、さらに自らの意見を言う能力を向上させる。
これは、言い方は悪いかも知れないが、読んだ本の内容や意味を、無意識に後からテストさせているようなものであるから、当然といえば当然のことである。
また、意見を言うことを習慣化することで、常に内容を理解して自分なりの意見を準備しようと読み聞かせに集中するため、集中力も養うことにもなる。

こんなことを学ばせてもらった非常に良い本であった。

(本日までの記録:今月2冊 合計44冊)
posted by エンタ at 02:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。