2010年11月07日

ASUS EeePC 1015PEM タッチパッドの使い勝手について(2/2)

ASUS EeePC 1015PEMのタッチパッドのレポートの続きです。

◆機能について(ELAN Smart-Pad、操作感など)

タッチバッドは、ELAN Smart-Padがデスクトップに常駐して動作します。

Smartpad icon1.png

特徴としては、2本指、3本指でのマルチフィンガーの操作をサポートしている点でしょう。
特に、2本指を使って行うスクロール機能については、私は高く評価しています。
利用している限りマルチフィンガーの誤判断は少なく、検知精度は高いと思います。

Smart-Pad main.jpg

デスクトップアイコンは、リアルタイムにタッチパッドに触れている指の状態を表示します。

一本指(接触面積により4段階に表示が変化します。)
Smart-Pad F1-L1.pngSmart-Pad F1-L2.pngSmart-Pad F1-L3.pngSmart-Pad F1-L4.png

二本指
Smart-Pad F2.png

三本指
Smart-Pad F3.png


ELAN Smart-Padでは、次の6つの機能を設定・調整できます。

@ボタン
右左のボタンに特別な機能を設定することが出来ます。
普段、タッピングだけを利用する人は、それぞれのボタンに特別な機能を割り当てられるので便利でしょう。(あまりいないと思いますが・・・)
私は変更せず、デフォルトのまま使っています。

Aタッピング
タッピングの有効/無効の設定と、2本指・3本指でのタッピングの動作を設定できます。

2本指・3本指でのタッピングの機能は便利です。
例えば、右クリックの操作は右ボタンを押す必要がありますが、Smart-Padでは、2本指・3本指でのタッピングに右クリックの機能を割り当てることで、左右のボタンの操作をタッチパッドで行うことができるようになります。

残念なのは、1本指のタッピングについても設定(有効/無効)できない点です。

というのも、前述のとおり誤タッピングは避けられません。
ただし、誤タッピングは大抵は1本指でのタッピングと判定されるため、通常のタッピング操作を2本指(3本指)でのタッピングに割り当てることで、誤タッピングの影響をほとんど無くすことが可能になるのではないかと思えるからです。

これについては、今後、改善されることを期待しています。

Bスクロール
一般的なタッチパッドでは、左右上下の特定の領域にスクロール機能を備える機種が多いのですが、それと比較すると、どの部分でもスクロールが可能な点とスライド面を広く利用できる点で、操作の自由度が高くなっているといえます。

Cドラッグ&ドロップ
ドラック&ドロップの有効/無効と、ドラッグ&ドロップのリリース方法を選択できます。
特に変更する理由もないので、デフォルトのまま使っ
ています。

Dパーム測定
Smart-Padは意図しない接触か正常なタッチかを、内部で判定しています。
パーム測定の設定では、意図しない接触か正常なタッチかどうかを判定する際のレベルを設定します。
この設定はトレードオフの関係にあり、最大側にすると意図しない接触をよく排除する代わりに正しい接触を感知しない場合が増えます。
最小側にするとその逆になります。

特にこの設定は、タッピングに大きく影響します。
最大設定にすると誤タッピングは減りますが、タッピングした際に正常に検知されないことがあります。

いろいろ調整していますが、今は最大値の設定にしています。
最大値では、誤タッピングがかなり減りますが、正常なタッピングを認識しないこともあります。

E感度
タッチパネルでの感度を調整できます。
感度を上げると、意図しない接触が発生しやすくなります。
いろいろ試行錯誤していますが、今のところ最大値−1(デフォルト)で利用しています。


◆最後に

いろいろ書きましたが、マウスがなくても不自由なく使えます。
先にも述べたように、総じてタッチパッドの出来はよいと思います。

ここで挙げた要望や改善点については、治ればさらに良いとかあれば便利という程度で、どちらかと言えば「個人的な贅沢」の部類でしょう。

購入をお考えの方は、ご参考程度に。
posted by エンタ at 20:38| Comment(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。