2010年11月28日

快適!ネットブックライフ(メモリカードスロットを有効に使う)

今回は、メモリーカードスロットについて、私流の快適設定を紹介します。

ポイント)
1.メモリーカードは、常に挿しっぱなしにして、特別なことがない限りは外さない。
2.Windows ReadyBoost機能の設定を行う。
3.作業中のファイルやよく使うファイル・プログラムはメモリーカードに保存する。

主な目的は、HDDのアクセスを減らし消費電力を抑え、ネットブックの特徴であるバッテリーでの長時間稼働をすることにあります。


1.SDメモリーカードの装着

EeeP PC1015PEMには、メモリーカードスロットが1つ搭載されています。
幸いなことに、SDメモリーカード(以下SDメモリー)を挿しても筐体からはみ出さないので、挿しっぱなしにしても邪魔になりません。

SDCardSlot.jpg

いま利用しているメモリーカードは、HagiwaraComsysの4GBです。
Yamada電気さんで、¥980で入手しました。

SDMemoryCard.jpg

※ できれば、高速で16GB以上の大容量にしたいですね。


2.Windows ReadyBoost機能の設定

リムーバブルメディアのプロパティを開きます。
RemovableDiskMenu.png

ReadyBoostのタブがあるのでこれを開きます。
ここで、このデバイスを利用するにチェック、予約する領域を指定します。
搭載されているメモリーの2倍程度を設定します。

Windows ReadyBoost.png


3.よく使うファイルやプログラムをSDメモリーに保存

Windows ReadyBoostの設定で余った領域には、よく使うファイルやよく使うプログラム等を保存して利用します。
これで、出来るだけHDDへのアクセスを減らすようにします。
私の場合、編集中のファイル、テキストエディタ、IEの一時ファイルを保存しています。

※ ただし、IEの一時ファイルは、おすすめできない点もあるので自己責任でお願いします。
posted by エンタ at 22:59| Comment(4) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快適!ネットブックライフへ

初めてネットブックを手にしたのが2010年10月23日、なので使い始めてからすでに1ヶ月以上が経過しました。
購入前にはさほど期待していなかったということもありますが、ネットブックは予想外にも快適に利用できています。

休日の外出時にはバックに忍ばせ、休憩はマックでまったりとネットサーフィン(死語?)、おかげで、ブログもなんとかここまで続いています。

そこで少しの感謝と感動をこめ、ブログのカテゴリ名を「ネットブック関連」から「快適!ネットブックライフ」に変更しました。

書く内容についてはあまり変わらないと思いますが、少しでもこの快適さをみなさんに共有できればと思います。

○ 今のネットブック環境
 利用機種
  ASUS EeePC 1015PEM

 主な利用ソフトウェア
  Google日本語入力
  ウイルスバスター2010
  
 その他
  ワイヤレスゲート利用

posted by エンタ at 22:20| Comment(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。