2010年12月05日

多読 年間100冊読了への挑戦(生協の白石さん)

『生協の白石さん』 白石昌則、東京農工大学の学生の皆さん/著

この本は、東京農工大学の生協(購買)に寄せられた「ひとことカード」の内容を書いたものである。
この「ひとことカード」とは、学生が生協に対する質問、意見、要望をかいて投書箱に入れると、生協職員がその内容に対する回答を書き、掲示板に貼り出すというものである。

普通はこんなもので本になることはないだろう。
だが、この白石さん、学生が冗談やおふざけで質問についても丁寧かつ真摯に、またキラリと光るユーモアを交え回答していたことから、これが話題となり、ネットやテレビで紹介され書籍化に至ったものである。

質問は、くだらないものから青春の悩みといったものまで様々だが、どのような質問であれその回答は実にスマートで清々しい。
学生にとって見れば、おふざけ的に書いた質問であってもきちんと対応されたことで、喜びや共感を感じ、また自らの存在感を確認していたのではないだろうか。

学生からの様々な質問を読み、不覚にも自らの大学時代の青臭い青春の感覚というものをありありと感じてしまった。
友人とバカなことを真剣にやっていた日々、時として何か訳もわからず焦燥感に襲われ、それでいてなんとなく気怠く物憂げ(アニュイ)でいたようなまどろみの日々・・・。
懐かしいというより、なんとなく恥ずかしい気分になるのはなぜだろうか。
(ちなみに、おかしな想像をされる方がいるといけないので補足しますが、そんなに恥ずかしいことはやっていないです。何故かそんな気持ちになっただけですよ。)

このような事で有名になった白石さんではあるが、本人はどうも恐縮しきりで「ひとことカード」は本来は、生協に関する質問、意見、要望を書くところ、関係の無い質問にまで回答しこのように有名になってしまったことを気に止めるような方である。
とはいえ、あくまで自らは生協の職員であるというスタンスを忘れずに回答しており、しっかりとした1本の筋が通った回答になっていると感じられる。
本当に、白石さんという人柄の良さ、人間性が表れている。

もし、私が白石さんであれば、生協に明らかに関係の無い質問などは、きっと黙殺してしまうであろう。
残念ながら、白石さんほどの了見は持ち合わせていない。
したがって、私のブログに貼られた品行方正とは言いがたいコメントやトラックバックについては、丁重に削除させていただくつもりである。
あしからず。

(本日までの記録:今月2冊 合計52冊)
posted by エンタ at 07:18| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。