2010年12月11日

快適!ネットブックライフ!(月額380円の公衆無線LANサービスの比較)

私は、ネットブック購入時に公衆無線LANサービスに加入しています。
ネットブックを使う利用シーンは自宅よりも外出時が多いだろうということ、月額380円であればたとえ使わない月があったとしてもそんなに大きな出費ではないこと、これが加入した主な理由です。

私のこれまでの使い方では、マックやルノアールで利用することが多く、サービスエリアはBBモバイルポイントを利用しています。
ライブドアワイヤレスもたしかに私の行動範囲にはたくさんあるのですが、腰を落ち着けて利用でき場所が多くないため、残念ながら利用はしていないのが現状です。

ところで、月額380円のBBモバイルポイントベースとした公衆無線LANサービスには、代表的なプランが2つあります。
ワイヤレスゲートのモバイルポイント+プラスとワイヤ・アンド・ワイヤレスのWi2 300です。

そこで今回は、私の目線でこの2つのプランを比較してみます。

○ 2つのプランの概要比較

それぞれのプランの特徴をごく簡単にまとめます。

【ワイヤレスゲート モバイルポイント+プラス】
・アクセスポイント数 約6500ヶ所
 (主なサービスエリア)
  BBモバイルポイント(約4,300ヶ所)
  ライブドアワイヤレス(約2,200ヶ所)
  成田空港エアポートネット
・その他
 NTTコミュニケーションズのHOT SPOTを追加したオールワンプランは、月額780円。

【ワイヤ・アンド・ワイヤレス Wi2 300】
・アクセスポイント数 約13,000ヶ所
 (主なサービスエリア)
  BBモバイルポイント(約4,300ヶ所)
  ライブドアワイヤレス(約2,200ヶ所)
  Wi-Fiスクエア
  成田空港エアポートネット
・その他
 リムジンバス、多くの高速バス車内での利用が可能。
 一部、IEEE802.11nが利用可能。

※ 簡単すぎてすみません。


○ どちらのプランがお得か

主なサービスエリアを比較すると、Wi2 300はモバイルポイント+プラスがもつサービスに、Wi2 300の独自サービスであるWi-Fiスクエアを加えた形となっています。
そのため、Wi2 300のアクセスポイントの数は、モバイルポイント+プラスのアクセスポイントの倍の13,000ヶ所になっています。

さらに、Wi-Fiスクエアでは一部、IEEE802.11nの高速な通信をサポートしています。

この2つのプランを単純に比較するとWi2 300の方がお得であるということができるでしょう。


○ 私の場合は、どちらを選ぶのか

私はモバイルポイント+プラスを利用しています。
2つのプランを単純に比較すれば、Wi2 300の方がお得なのですが、私の場合は、次に挙げる2つの理由でモバイルポイント+プラス使い続けています。

1つ目の理由は、乗り換える手間以上にWi2 300のWi-Fiスクエアにメリットを感じていないためです。
利用者にとって、自宅や職場や学校などのよく良く行く場所の付近に利用できるアクセスポイントがどれだけあるのかが重要な要因になります。

Wi2 300のWi-Fiスクエアの紹介ページで、これがどのような場所で使えるのかを調べて見ました。主な利用可能エリアは、エアポートリムジンや長距離バス、丸の内や横浜の特定地域、などとなっています。
また、Wi-Fiスクエアの利用可能エリア検索で、日頃私が行くような場所も検索してみました。
その結果、私が行く場所でWi-Fiスクエアが設置されている所は、せいぜいビックカメラ系列くらいでした。
ただ、ビックカメラでは、腰を落ち着けてネットブックを使う気にはなれません。

ということで、私が利用するであろう場所にはWi-Fiスクエアは設置されていませんでした。
そのため、手間をかけてまで乗り換えるほどメリットが感じられていません。

2つ目の理由は、ワイヤレスゲート オールワンプランにいつか変更したいと思っているからです。

オールワンプランは、BBモバイルポイント+プラスのサービスエリアにNTTコミュニケーションズのHOT SPOTを加えたプランです。
モスバーガーや都営地下鉄、東京メトロなど、私がよく利用する多くの場所にHOT SOPTは設置されています。
HOT SPOTのマークもよく目にします。
HOT SPOTにはかなり魅力を感じています。

そこでいつかこのプランに変更したいと思っているため、ワイヤレスゲートを使い続けることにしています。

ただ、更新すると、料金が月額780円とほぼ倍になってしまいます。
200円程度の追加ですむならば即決なのですが、やはり月々400円の増加では割高感があります。
そこで、しばらくは様子みようかと思います。

以上は、あくまで私個人的な意見です。

皆さんは各自で自分の利用シーンに合わせたプランを選択してください。
posted by エンタ at 23:43| Comment(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。