2011年01月09日

快適!ネットブックライフ!(無線LANが「制限付きアクセス」で切れるトラブル)

先日、ネットブックを自宅の無線LAN環境で利用すると、頻繁にアクセスが切れるというトラブルに見舞われました。
解決してみれば、「な〜んだ、そんなことだよね」と思えるようなことなのですが、様々な事を調べたため、解決まで結構時間がかかってしまいました。
もし、同様のトラブルが発生するという方、同様の可能性があるかもしれませんので参考にしていただければと思います。

ポイント)
T.ネットブックを自宅の無線LAN環境で利用中、下記の現象のような接続が頻繁に切れるトラブルが発生。
 ・ワイヤレスネットワークのシステムアイコンにビックリマーク(黄色い三角に!)が表示され、ワイヤレスネットワーク接続に「制限付きアクセス」と表示され、ネットワークが利用できなくなる。
 ・再度接続すると復旧するが、しばらくすると同様の状態となり利用出来なくなる。
 ・自宅で発生するが、公衆無線LANでは発生しない。
U.電源オプション−ワイヤレスアダプターの設定−省電力モードを変更することで解決。
V.原因は無線LANアクセスポイントが省電力プロトコルに対応していないことに起因している可能性が高い。



1.無線LANトラブルの状況

マクドナルドから帰宅後、自宅の無線LAN(802.11g)環境でインターネットに接続して利用したところ、頻繁にネットワークが切れるトラブルに見舞われました。
接続できない状態の時は、無線LANのシステムアイコンにビックリマークがつき、ワイヤレスネットワーク接続に「制限付きアクセス」と表示されます。

ネットワーク未接続.png

再接続すると復旧してしばらくは正常に利用出来るのですが、すぐに同様の状態になり接続できなくなります。


2.解決方法

原因は電源オプションにあるワイヤレスアダプターの省電力モードの設定が影響していたようです。
この設定を「省電力(高)」から「最大パフォーマンス」に変更したところ、現象が改善されました。

コントロールパネル→電源オプション(カテゴリはハードウェアとサウンド)→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更 を選択して「電源オプション」画面を開きます。

電源オプション.png

ここで、
ワイヤレスアダプターの設定→省電力モード
で「省電力(高)」から「最大パフォーマンス」に変更します。
これでトラブルは改善されました。


3.原因について

インターネットでこの状況を調べると、原因がみえてきました。

原因は、自宅で利用している無線LANルータ(購入して5年くらい)が省電力プロトコルに対応していないためと思われます。
マクドナルドで利用していたときは、無線LANアクセスポイントが省電力プロトコルに対応していたため、問題なく使えていたと考えられます。

詳しくは、こちらのページを参考にしてください。

本人もすっかり記憶にないのですが、どうやらマクドナルドでの利用中に電源プランを「省電力」に変更したと思われます。


4.最後に

インターネットの情報を調べると、無線LANで接続が切れる(不安定になる)トラブルの原因は様々です。
そのため、無線LANのトラブルは、上手く切り分けをしていかないと、解決まで思いのほか時間がかかることがあります。

今回も、トラブルを解決するまで半日ほどの時間を要してしまいました。

私の場合もセキュリティの設定、無線LANの混信、ルータの設定など様々な設定をチェックして、ようやく解決にたどり着きました。

私のネットブックの設定ではバッテリーに稼働中にだけ発生する様になっていたので、電源に接続していればもっと早く原因を捉えることができたと思われます。

このようなトラブルに陥った方、電源の設定も疑ってみてください。

あぁ〜、802.11n(300Mbps)対応の無線LANルータがほしい、と思う今日この頃。
posted by エンタ at 18:43| Comment(23) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。