2011年01月29日

快適!ネットブックライフ(システムリカバリテスト その2:システムリカバリ実行編)


前回から引き続き、EeePC 1015PEMを工場出荷時の状態に復旧するテストです。
今回は、前回作成のシステムリカバリ用USBメモリをから、初期化したハードディスクに換装したEeePC1015PEMを工場出荷時に戻します。


(前回からの続き)

3.システムリカバリ用USBメモリを使った復旧手順

事前に、「回復パーティション・EFIパーティションなどの特殊な領域を削除してディスクを初期化する方法」で初期化したハードディスクに換装しています。

なお、EeePC1015PEMの分解は「ASUS EeePC 1015PEM を分解する」と同様に実施しています。

USBポートに前回作成したシステムリカバリ用USBメモリを装着します。
01_SysRecUsbSet.JPG

電源を投入し、下記画面で「Windows Setup [EMS Enabled]」を選択してENTERキーを押します。
USBから起動されます。
04_SysRecBootMGR.JPG

もしくは、電源投入直後のASUSロゴ表示画面にて、ESCキーを押してBootデバイス選択画面を表示し、[USB:〜]を選択します。
00_select boot dev.JPG

日本語を選択して「⇒」をクリックします。
06_SysRec.JPG

下記のような、リカバリ画面が起動されるので、リカバリをクリックします。
08_SysRecRec.JPG
※ 前回と違って、バックアップのボタンがないですね。まあ、当たり前ですけど。

ここで、「システムをHDにリカバリ」を選択して、続行をクリックします。
10_SysRecHDRec.JPG

復旧が開始されます。
14_SysRecWinLoad.JPG

18_SysRecWin7Load.JPG

22_SysRecWin7Load2.JPG

懐かしい購入直後の初めて起動したとき見た画面になります。
25_SysRecWin7Start.JPG

ご覧のとおり、Windowsがインストールされました。
29_SysRecWin7Start2.JPG

リカバリ後のディスクのパーティション情報です。
DiskImage.png


これで、工場出荷時の状態に戻りました。
(正確には、電源を入れてWindowsセットアップが完了した状態ですが。)

以上でシステムリカバリについては終了です。

posted by エンタ at 23:45| Comment(8) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。