2010年11月28日

快適!ネットブックライフ(メモリカードスロットを有効に使う)

今回は、メモリーカードスロットについて、私流の快適設定を紹介します。

ポイント)
1.メモリーカードは、常に挿しっぱなしにして、特別なことがない限りは外さない。
2.Windows ReadyBoost機能の設定を行う。
3.作業中のファイルやよく使うファイル・プログラムはメモリーカードに保存する。

主な目的は、HDDのアクセスを減らし消費電力を抑え、ネットブックの特徴であるバッテリーでの長時間稼働をすることにあります。


1.SDメモリーカードの装着

EeeP PC1015PEMには、メモリーカードスロットが1つ搭載されています。
幸いなことに、SDメモリーカード(以下SDメモリー)を挿しても筐体からはみ出さないので、挿しっぱなしにしても邪魔になりません。

SDCardSlot.jpg

いま利用しているメモリーカードは、HagiwaraComsysの4GBです。
Yamada電気さんで、¥980で入手しました。

SDMemoryCard.jpg

※ できれば、高速で16GB以上の大容量にしたいですね。


2.Windows ReadyBoost機能の設定

リムーバブルメディアのプロパティを開きます。
RemovableDiskMenu.png

ReadyBoostのタブがあるのでこれを開きます。
ここで、このデバイスを利用するにチェック、予約する領域を指定します。
搭載されているメモリーの2倍程度を設定します。

Windows ReadyBoost.png


3.よく使うファイルやプログラムをSDメモリーに保存

Windows ReadyBoostの設定で余った領域には、よく使うファイルやよく使うプログラム等を保存して利用します。
これで、出来るだけHDDへのアクセスを減らすようにします。
私の場合、編集中のファイル、テキストエディタ、IEの一時ファイルを保存しています。

※ ただし、IEの一時ファイルは、おすすめできない点もあるので自己責任でお願いします。
posted by エンタ at 22:59| Comment(4) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたくしも,Eee PC 1015PEMを狙っているのですが,
なんせ情報やレビューが少なくって,まいってます。

このサイトの情報が唯一詳しいレポートなので頼りになってます。

感謝,感謝。
Posted by SSとうさん at 2010年11月29日 10:46
エンタです。
温かいコメント有難うございます。

たしかに、Eee PC 1015PEMの記事はあまり多くないですよね。
良い面も悪い面も、できるだけ紹介をしていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。
Posted by Re エンタ at 2010年11月29日 21:58
1015PEMを展示品で安く手に入れることができました。
初歩的な質問になるのですが、リカバリDiscとして作成した16GBのメモリの空き容量をWindows ReadyBoost機能の領域として使うことは出来ますか?
Posted by マウザー at 2011年02月26日 22:14
マウザー さん、はじめまして。

返信が遅くなりすみません。

ReadyBoostに利用出来ると思いますが、オススメできませんね。
やはり、もしもの際に戻せなくなることが怖いです。

リカバリUSBの内容をバックアップしておいて、必要の際に書き戻す方法をおすすめします。

ご質問、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。
Posted by エンタ at 2011年02月28日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。