2010年12月24日

番外編1(ASUS EeePC 1015PEM を分解する)

(注意)
分解を実施される場合は、必ず自己の責任において行ってください。当方では、例え説明に間違えや誤解を与える表現などがあったとしても、分解によって発生したトラブル・事故については、一切の責任を負いかねます。また、分解を行うとメーカーの修理、保証を一切受けられなくなる場合があります。


今回は、EeePC 1015PEMの分解です。
Inside Of 1015PEM.jpg


SSDへの換装を考えている方には、特に興味があるのではないかということで、分解のポイントなどを報告します。

概要)
1.分解には、慎重さとチョットした度胸があれば可能
2.分解には、いくつかのチョットしたポイントがある
3.ディスクの取り出しは実施していない



1.背景

先日、価格.COMを久しぶりに訪れたとき、SSDの価格が目にとまりました。

思わず「安い」と唸ってしまいました。

だいたいの相場は、128GBで約2万円、64GBで約1万円、32GBであれば6千円程度。
私の月々のお小遣いは*万円(悲しいくらい少ないので伏字)、2、3ヶ月節約生活を送れば64GBくらいは買えそうです。
すぐには買いません(買えません)が、春頃には夢のSDD化が検討できそうです。

とはいえ、問題はEeePC 1015PEMのHDDを取り出すことができるのか。

そこで分解にチャレンジ、先日、なんとか成功したので早速報告です。

実はSSD換装の際に分解の仕方も報告しようと思っていたのですが、SSDの購入がいつになるのかわからないこと、分解までのブロセスも結構ありSSDの交換と同時にUPすると長くなりそうなこと、もしかしたら早く分解についてできるのか知りたい人がいるかも(いるかな〜?)、ということで、今回報告します。


2.分解前の準備

道具の準備
◯プラスドライバ(小)、または、プラスの精密ドライバ
 ネジを外します。
 止めてあるネジはすべて、小さなプラスです。
 先端が磁石になっていないと、ネジを取り出すのに苦労するかもしれません。
 ※ 私は磁石になっていませんでしたが、取り出しにくいところはセロテープを使いました。

◯マイナスドライバ(大と小)
 どちらかというと、大が重要です。
 バッテリーを外した両サイドにキーボードの爪ががっちりハマっているところがあり、この引っ掛けを外すところで使います。
 マイナスドラーバーの小はカバーを外すときにテコにしたり、適宜隙間に挿し込んだりするのに便利です。

除電
 分解の前に手を洗います。
 作業に入る前に、ステンレス製のキッチン、水道の蛇口などに触れて十分に静電気を逃がしてあげましょう。
 また、化繊のセーターなど作業中に静電気の発生しやすい服の着用は避けましょう。

本体の準備
 シャットダウンでマシンを落とします。
 そして、バッテリー、SDメモリカードを外します。
 また、ディクスの内容は事前にバックアップしましょう。


3.分解作業

 PCをシャットダウン、裏返してバッテリーを外します。
 バッテリーを外すと、4ヶ所(写真の赤◯部分)にネジが止まっています。
 このネジを外します。
Remove Battery.JPG

 次に、写真の部分つめを親指の腹などで外します。
End of Keybord.JPG

<ポイント>
 バッテリーを外した部分の側面に、写真のようにつめがハマっている部分があります。

Side of Bat house.JPG

 ここを、キーボードを本体から外す方向にテンションを掛けながら、マイナスドライバー(大)でこのつめを押すようにして外します。
Side of Bat house2.JPG

 しっかりハマっているので少し力がいりますが、慎重に少しづつ力を加えて外します。
 左右で2ヶ所ありますが、私の場合、裏から見て左側が外しやすいので、こちらから外しています。

 この2ヶ所が外れると、キーボードが本体から少し浮くので、浮いたところから徐々にハマっているつめを外していきます。
Gap of Keybord top.JPG

 外しにくいときは、マイナスドライバーなどでテコの原理でキーボードを剥がすようにハマっているつめを外していきます。
Gap of Keybord top2.JPG

 その際は、キーボドや本体のプラスティックは傷がつかないように気をつけて行います。
 このように進めていくと、比較的簡単にキーボードが外れます。

<ポイント>
 キーボードを外す際、キーボードと本体は写真の様にシート状のフラットケーブルで接続されているので、切断や傷をつけないように注意してください。
 勢い余って、このケーブルを切断してしまうと、もとに戻すことが出来ません。

Keybord cable.JPG

Keybord cable2.JPG

<ポイント>
 キーボードと本体をつなげているフラットケーブルを外します。
 外し方は、写真の様にフラットケーブルのささている部分のロックを外します。
 両サイドの黒い部分を引くとロックが外れて、フラットケーブルがとれます。
 
Unlock Keybord cable.JPG

 キーボードが外れました。
(おもて)
Keybord.JPG

(うら)
Reverse Keybord.JPG

 次に、パームレストを含むカバー部分を外します。
 
 止まっているネジを、+ドライバーで外します。
 
<ポイント>
 ネジには、長いネジと短いネジの2種類があります。
 写真の赤丸が長いネジ、青丸が短いネジです。
 基板にも書いてあるので、間違えないと思いますが、組み立ての際は気を付ける必要があります。

Biss.JPG

 すべてのネジ、11ヶ所を外します。
Bissies.JPG

<ポイント>
 カバーを外す前に、まずタッチパッドと本体をつないでいるフラットケーブルを外します。
 外し方は、写真の部分のフラットケーブルを押さえつけているつめを上げるとロックが外れ、ケーブルが外れます。


(ロック状態)
Pad cable lock.JPG

(アンロック状態)
Pad cable unlock.JPG

 パームレストのチョット上の部分にマイナスドライバーをテコのように使って、まずはパームレスト部分のキーボードに近い部分のつめを外します。
Side.JPG
 
<ポイント>
 パームレストのかどの部分が一番の難関です。
 マイナスドライバを隙間にかまして、テコにしたりして、ハマっているつめを1つ1つ外していきます。
 しっかりハマっており、しかもつめが折れそうな部分ですので、慎重、かつしっかりと力を入れて作業を行います。
 少しだけ度胸が必要な部分です。
 つめをおらないように、ドライバなどを駆使して慎重に作業をします。
 
Separate.JPG

 両端のかどのつめが取れれば、後は比較的簡単に外れると思います。
Separate2.JPG

 以上で分解作業は終了です。
All Parts.JPG


4.最後に 
 今回、HDDの取り出しは実施していません。
 というのも、ディスクのバックアップを1回も取っておらず、クラッシュの不安があったためです。
 
 ただ、HDDは見た限りでは簡単に取れそうです。
 ディスク上に横たわる2本のフラットケーブルを外し、ディスクを固定しているネジを外せば、簡単に取れるでしょう。
 フラットケーブルは側面に近い方の端子を取り外したほうが作業はしやすそうでした。
 
 HDDの換装など、実施された方がいたら、コメントいただけると嬉しいです。
 
 組み立て方は分解と逆の手順で行えば、簡単にできますので、説明は省略しています。
 
 また、これを参考に分解される方、くれぐれも自己責任でお願いします。
 
posted by エンタ at 01:45| Comment(16) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンタさんへ

お世話になっております。SSとうさんです。

はあ,昨日やっと納品しました。1015PEM。
なんと言いますか,クリスマスプレゼントみたいになってしましました。

あれこれお伝えしたいこともありますが,今回は手短に。

まず,納品初期状態の「お使いのコンピューターのパフォーマンスの評価と改善」というやつの数値は,エンタさんとほぼ一緒でした。
唯一違ったのは,プライマリーハードディスクのデータ転送速度が5.4でした。

それから,すぐにメモリー換装。
メーカーは,アイ・オー・データのもので,「SDY1066-2G」という型番だったと思います。
(仕事がらみオーダーなので,職場のそういう担当部署に任せないといけなくて,バルク品なんかは基本,不可。こういう商品チョイスになってしまいます)
で,換装後のパフォーマンス数値も,エンタさんの出した数値と一緒でした(プライマリーHDDデータ転送速度を除く)。

初期搭載されていた1GBのメモリーは,エンタさんのマシンに搭載されていたものとまったく同じものでした。
これが現在の仕様になっているのでしょうね。

さて,その後,OSをwin7 Home Premiumにアップグレードしちゃいました。
えーい,ここまできたら自分好みにしてしまうぜ,というややヤケクソ気味の判断です。
でも,それによるわかりやすい恩恵は,デスクトップ画面をカスタマイズできるというくらいですかね。
いやはや,1万円弱という高価なデスクトップ画面となりました。

まあ,おかげで,わたくし好みの「win98時代のクラシックでシンプル」な画面になりましたけど。
最近のやたらオシャレを気取ったデスクトップアイコンもスタートボタンは不用です。
アイコンサイズもでかいので小さくして,シンプルな画面にしてあります。

さて,今回はここまで。
以降,使い勝手や細かいインプレは次回ということにいたします。

でも,今のところ動作速度も含めて,不満はないですね。
メモリー容量の少ないwindows Vista搭載のノートPCよりはるかにマシです。

それでは,また。
Posted by SSとうさん at 2010年12月25日 12:14
SSとうさんさん、いつもコメントありがとうございます。
すばらしいクリスマスプレゼントになりましたね。

レポート、ありがとうございます。
参考になりました。

また、Home Premiumへのアップグレード、羨ましい限りです。
購入してすぐにアップグレードしようと思っていたのですが、資金繰りに苦しく、今もそのままの状況です。
なんせ、うちの大蔵省に借金をして購入した経緯もあって、とてもアップグレードできるような状況ではありませんでしたし・・・。

いまは借金も返済したので次はアップグレードを、と思っていた矢先にSSDの価格が目にとまってしまって、・・・当分アップグレードはできそうもありません。

Win7 Home Premiumでの使用感などお聞かせいただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2010年12月25日 19:54
SSとうさんです。

それでは1015PEMインプレ2本目です。

まず,バッテリーを装着してから手に持ってみて思ったのは
「あれ,けっこう重いな」
ということでした。

仕様表による重量でいくと,十分に軽いほうだと思うのですが,こういうものは見た目の大きさからくる思いこみというのがあるのでしょうね。

さて,現在のところ本体にインストールしているアプリケーションは,
・Office2000 Pro
・一太郎13
・Google Crome
・GINP2.6
あたりが,重量級のアプリ。

あとは,テキストエディターやアウトラインプロセッサー,画像閲覧ビューアなど,フリーソフトをいくつかです。
これら軽量級アプリは,メインで使っているUSBメモリーにも入れていますので,本体でも起動できますが,USBメモリーからも起動できるようにしています。

で,動作は快適そのものです。
上記のアプリでおわかりのように,10年前以上の古いアプリを未だに使っているのですが,わたくしの用途では,これで十分なのですよ。
セキュリティ的にいかがなものか,ということもあるかと思いますが,必要にして十分なものを使い倒すのを主義としています。
これらを使う限りは,動作速度もサクサク快適です。

ネット環境にもよると思うのですが,YouTubeあたりの動画は,まったく問題ないですね。
windows7 HomePremiumにアップグレードしましたので,デフォルトでDVD動画が視聴できるようになりました。
(確かそういうことですよね)

で,外付けドライブを利用して(このドライブも,とあるところで廃棄予定のデスクトップPCから抜き取ったドライブをドライブケースに入れている,半自作のモノ。もったいないっす)
DVDソフトを再生してみましたが,快適に視聴できました。

で,唯一困っていることが。

タイピングの時に左手親指がタッチパッドに知らず知らすのうちに触れていて,カーソルが飛ぶとか,予期せぬタイミングでダブルクリック動作になってしまう,ということがしばしばあります。

エンタさんの記事を参考に,タッチパッドの感度を下げたりするなど,微調整は試みましたが,もひとつですねえ。
タイピング時の左手全体の位置とかを工夫するなどの使いこなしの修練が少々必要かも。
慣れの問題だとは思っていますが。

あ,あと,たまーにディスプレイが,もう少し後ろに倒れたらいいのに,と思うときもあります。
でも,重量バランスからいくと,あれ以上ディスプレイが後ろに倒れると,おそらく手前が浮き上がって,本体全部が後ろに倒れますね。
重たいバッテリーが後ろで,手前は薄くて軽くなってますから。

まあ,これもディスプレイと,わたくしの目の位置関係や角度,周囲の照明のあたり具合の関係で発生する問題ですので,そのあたりをちょっと工夫すればなんとかなるでしょう。
大きな問題ではありません。

windows7 HomePremiumの恩恵や,ReadyBoost機能の恩恵は,よくわかりません。
デフォルトで使い込むことなく,すぐにアップグレードしちゃいましたから。

今のところは,こんなかんじでしょうか。
Posted by SSとうさん at 2010年12月28日 00:09
エンタです。

SSとうさんさん、ほんとにコメントありがとうございます。

私の場合、重量級のアプリはOpen Officeですね。起動までは遅いものの、さほど大きなファイルを扱うこともないためストレスなく使えるレベルです。

ご指定のタッチパッドの件、私の場合もどうしても予期せぬタッピングが発生するので、タッピング機能はOFFにして使っています。クリックはタッチパッドについているボタンで操作しています。
いまもマウスを使うことはありませんが、タッピングは少々、難有りですね。

ディスプレイの件、たしかにもう少し後ろに倒れるといいですね。つい2,3日前にうちの子どもと動画を一緒にみようとしたときにそう思いまました。普段使いでは問題ないとおもいます。

ともあれ、有用な情報ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。




Posted by エンタ at 2010年12月28日 07:04
応援してます^^
足跡としてコメ残してきます。


Posted by eeepc at 2011年01月09日 20:25
eeepcさん、応援コメント、ありがとうございます。

紹介いただいたブログ読みました。
こんなこともあるのですね。

オールプラスティックのダミーSDは持っていなかったので、MicroSDのアダプターをカラを突っ込んで起動しましたが、1015PEMでは起動されるようです。

オールプラスチックとは異なるかもしれませんが。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2011年01月09日 22:33
エンタさん

型番こそ異なるものの急にタッチパッドが全く認識しなくなり、EeePCの分解方法を探していたところエンタさんのページがヒットしました。
非常に親切な写真付きのもので、わかりやすいですね。
明日にでも分解してタッチパッドのケーブルの接続を確認してみます。

後日結果報告を行いますね。
Posted by tuduly at 2011年02月25日 15:58
tuduly さん、はじめまして。

タッチパッドが認識しない件、ショックですね。

型番が異なっても、分解はほぼ同じものもおおいと思われますが、慎重に実施ください。

また、分解すると保証が受けれなくなってしまうこと、ご注意くださいね。

ケーブルの接続は確かに怪しいかもしれませんね。

無事なおること、おいのりしています。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月25日 23:37
エンタさん、暖かい応援のお言葉ありがとうございます。
私が持ってるのは1002HAですが、ネジの位置やツメの配置が若干異なってました。
裏側のネジをすべて外してもキーボードの部分が引っかかったままで分解ができませんでした。
おそらくキーボードをうまく取り外さないとならないとは思いますが、分解図が見あたりません。
とりあえず、外部マウスで用は足りていますが、いずれASUSのお店に持って行かねばならないかも知れません。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by tuduly at 2011年02月28日 09:54
tuduly さん、こんばんは。

外れませんでしたか、・・・残念ですね。
見た感じは似ているのですけど・・・。

でも、無理は禁物。
メーカーにお願いしましょう。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月28日 22:07
有用な情報ありがとうございました。
私のは最新のX101Hでしたが大体似た手順で分解できました。
HDDを換装したのですが、このPCは厚みが薄くスリムタイプのHDDが入っていました。だから320GBしかないんですね。
で無理やり10mmの1TBを押し込みました。キーボードのふたは隙間が開いている状態ですがそれをホットメルトで埋めました。
さすがに買ったばかりのPCに改造を加えるのには抵抗があったのですが320GBしかないのでは使えないので思い切ってやりました。
Posted by 岩清水 at 2012年04月05日 09:56
岩清水さん、コメントありがとうございます。
多少でも、お役にたてて何よりです。

新品でもチャレンジする精神は大切だと思っています。
男は度胸!
(私はよく失敗して後悔することもおおいですけどね・・・)

これからも頑張って少しづつでも更新していこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by エンタ at 2012年04月06日 18:31
はじめまして
EeePC 1015PEXでしたがこの記事を公開していただいたおかげでスムーズに分解、SSD移行できました。本当に助かりました。ありがとうございます。友人にも紹介たら大変喜んでいました。

本当にありがとうございます。
Posted by myu-nyu at 2012年06月09日 19:14
myu-nyuさん、はじめまして。

エンタです。お役に立てて光栄です。

また、別機種でも同様に分解できたという情報は、同機種を持つ方には大変有用な情報となるようです。
こちらからも、有用な情報をいただき、ありがとうございます。

確かに分解するのは度胸いりますか、なにかしらの手がかりがあると助かるのですよね。

今後ともよろしくお願いいたします。

追伸)
 国内ではPEXですが、あまり見かけない機種かと思いますが、海外販売ものでしょうか。普通に売っていたらごめんなさい。
Posted by エンタ at 2012年06月09日 20:04
Eeepc 1011pxを使用しています。
HDD故障のため換装を考えていたのですが、パームレストの取り外し方が分からず難儀しているうちに
こちらへ辿り着きました。
構造は解説と同じでしたので、無事交換することができました。

ありがとうございます。
Posted by 893 at 2012年10月24日 17:08
エンタです。

893 さん、Eeepc 1011px も同様の構造とのこと、コメントありがとうございます。

Windows8では、XGAの解像度が必要となるため、ネットブックは切り捨てられてしまった感もありますが、まだまだ十分に使えますよね。

HDDを修理して、ネットブック、使い倒しましょう。

またなにか情報などがあれば、お知らせいただければ幸いです。
Posted by エンタ at 2012年10月24日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。