2011年01月29日

快適!ネットブックライフ(システムリカバリテスト その2:システムリカバリ実行編)


前回から引き続き、EeePC 1015PEMを工場出荷時の状態に復旧するテストです。
今回は、前回作成のシステムリカバリ用USBメモリをから、初期化したハードディスクに換装したEeePC1015PEMを工場出荷時に戻します。


(前回からの続き)

3.システムリカバリ用USBメモリを使った復旧手順

事前に、「回復パーティション・EFIパーティションなどの特殊な領域を削除してディスクを初期化する方法」で初期化したハードディスクに換装しています。

なお、EeePC1015PEMの分解は「ASUS EeePC 1015PEM を分解する」と同様に実施しています。

USBポートに前回作成したシステムリカバリ用USBメモリを装着します。
01_SysRecUsbSet.JPG

電源を投入し、下記画面で「Windows Setup [EMS Enabled]」を選択してENTERキーを押します。
USBから起動されます。
04_SysRecBootMGR.JPG

もしくは、電源投入直後のASUSロゴ表示画面にて、ESCキーを押してBootデバイス選択画面を表示し、[USB:〜]を選択します。
00_select boot dev.JPG

日本語を選択して「⇒」をクリックします。
06_SysRec.JPG

下記のような、リカバリ画面が起動されるので、リカバリをクリックします。
08_SysRecRec.JPG
※ 前回と違って、バックアップのボタンがないですね。まあ、当たり前ですけど。

ここで、「システムをHDにリカバリ」を選択して、続行をクリックします。
10_SysRecHDRec.JPG

復旧が開始されます。
14_SysRecWinLoad.JPG

18_SysRecWin7Load.JPG

22_SysRecWin7Load2.JPG

懐かしい購入直後の初めて起動したとき見た画面になります。
25_SysRecWin7Start.JPG

ご覧のとおり、Windowsがインストールされました。
29_SysRecWin7Start2.JPG

リカバリ後のディスクのパーティション情報です。
DiskImage.png


これで、工場出荷時の状態に戻りました。
(正確には、電源を入れてWindowsセットアップが完了した状態ですが。)

以上でシステムリカバリについては終了です。

posted by エンタ at 23:45| Comment(9) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
1015PEMについては情報が少ないので、このホームページの存在が非常に助かります。
さてUSBメモリからのリカバリーですが、リカバリーかけるとEFIシステムパーティションもきちんと復元されるのですか?
そこが気になってLinux入れるにあたってのパーティション切りを躊躇っているところです…
情報頂けると助かります。

では。
Posted by JPS at 2011年02月03日 13:06
JPS さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ご質問の、「EFIシステムパーティションも復元」についてですが、しっかりと復元されます。本当に、工場出荷状態に戻ります。
復元後のディスクパーティションイメージをキャプチャしていたので、掲載しました。

Linuxですか。
あまり経験がないですが、機会があればチャレンジしてみたいですね。

ASUS EeePC1015PEMに関する情報、ご指摘のとおり少ないですよね。
なので、皆さんからのコメント、情報がとても貴重でとても感謝しています。

Linuxに関しても、気づいたことなどあればコメントいただけると幸いです。
期待している人もいると思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月03日 21:16
エンタ さま

レスありがとうございます。
本当に初期状態に戻るんですね。こりゃ楽だ。スクリーンショットまで貼っていただいて、感謝です。
この機種に関しての突っ込んだ情報は基本的に英語メインみたいなので、お互いに情報交換できる場になるといいですね。

Linuxについては一度Debian入れてみましたが何かと設定が面倒この上ない(特にドライバ関係、単にインストーラー叩いてOKってわけにはいかないので…)し、もう少し基礎的なことを学ばないとダメそうなので、現在OpenSUSEをインストール中です(まあ、多分すぐ入れ直すと思いますが汗)。

レポ出来る状態になりましたら、簡単にレビューなどしてみたいと思います。

今後とも宜しくお願いします。

では。
Posted by JPS at 2011年02月03日 21:24
JPS さん、コメントありがとうございます。

Linux、やはり私には少々ハードルがたかそうですね。

私もLinuxについては興味がないわけではないのですが、ずっと手を出せずにいるのが正直なところです。

また、今後も情報をいただければ、簡単でもかまいませんのでいただければ幸いです。

今後ともよろしくおねがいいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月05日 20:55
こんにちは。
あちこち巡って辿り着きました。
友人が同機種を購入、ネットでMac OSが載ると見たらしく、
Mac使いの私の所に持ち込まれました。

USBメモリへのリカバリー領域のバックアップから作業を始め、
どうにか無事に全作業を終えることができました。
その際は参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
今ではお蔭様で、Windows7とMac OSのデュアルブートで動作中です。

私はAcer AOD250を所有していますが、このEeePCは動画再生支援機能が
働くようで、HD動画も難なく再生するのがいいですね。
それとAOD250に比べ、音がいいです。

隣の芝生は良く見えるとはこのことでしょうか?
次に機種変更の際はEccPCも候補に入れなくてはと思います。
これからも参考にさせて頂きますので宜しくです。
Posted by はやて at 2011年02月13日 10:54
はやて さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

Mac使いの方にもご参考いただいて幸いです。

私もかなり以前ですが、Macintosh PowerBook(知らない人のほうが多いのでしょうか・・・)を利用していたことがあります。
白黒でしたが、当時のMS Windowsに比べて直感的に使いやすく、作成したレポートを印刷すると、とてもきれいで感動した記憶があります。
最近はMacと縁遠くなってしまって、恥ずかしながら、IA(インテルアーキテクチャ)を採用したという話も少し前に聞きました。

また、ネットブックにMac OS が載ることも、知りませんでした。とても勉強になりました。(今では、当たり前なのでしょうか?)

また、ご記述の「隣の芝生」的なところ、正直あると思います。ネットブックは大きな差が生まれにくいカテゴリーで、普段自分が利用しているマシンとのチョットした差が大きく感じられるのであ、と個人的には思います。
ただ、私などはその小さな差を見つけては一喜一憂することに楽しさを感じているふしがありますね。

はやてさんが次期機種変更された際には、その感想などもお寄せいただければ幸いです。

今後とも、よろしくおねがいいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月13日 15:08
こんばんは。
早速お返事を頂き、ありがとうございます。
友人には何時でも引取OKの連絡を入れてあるのですが、
忙しいようでまだ手元にEeePCがあります。

それと昨年の暮れに、2年間の保証切れ寸前で無償修理ということで
メーカーから帰ってきたSSDがあったので、どんなものか入れてみました。
シリコンパワー製の昨年の暮れに新発売になったばかりのSSD(64GB)を
代品として新品交換して頂きました。なんと太っ腹なメーカーさん。
勿論本体分解も参考にさせて頂きました。(お世話になっています)
HDDも簡単に取り外しが出来、無事に作業終了。今回はテストの為、
Mac OSを入れてみることに。時間としては2時間弱。

さてHDDとの違いですが、OS起動、アプリ起動は段違いで速いです。
アプリの起動時は、クリック後のモタツキが感じられず、好印象です。
Macの場合、ドックのアイコンをクリックすると、アプリ起動まで
アイコンがピョンピョンとジャンプするのですが、イラレCS4で4回程の
ジャンプでイラレロゴ表示に変わります。これって凄い速いかも。
本家のIntel iMacに肉薄・・・。(w
Office 2011 Macのエクセルはクリック後直ぐに起動します。
メモリを2GB積んでるのも影響してるんでしょうか?
それにしても、ノンスピンドルということも考えれば、消費電力も少なく、
衝撃にも強く、ネットブックにはもってこいかと。
この結果を教えれば、友人もきっとSSDとか言うんでしょうね。

話は変わりますが、自分のネットブック(AOD250)に、Mac OS、
Windows 7 stater 、Windows XP Homeを入れて検証してみました。
結果的に、Atom CPUにはMac OSの方がサクサク動くようです。
続いてWin XP 、win7の順のように思います。あくまでも個人的主観に
よるもので、体感した結果とお考え下さい。Linuxは判りません。
ブラウザもsafariとの組合わせが、キビキビと動作します。
OS自体が軽いのか、非力なネットブックには優しいOSです。
管理人さんもいかがですか?(w

※友人から許可を貰って分解及び、SSDに換装テストを実施しました。
Posted by はやて at 2011年02月14日 01:12
はやてさん、こんばんは。
コメント、どうもありがとうございます。

そうですか、Macの方がキビキビしますか。
OSとしては、歴史からしてMacのほうが洗練されているのかもしれませんね。

ただ、私の目下の興味はSSDです。
コメントの中で、新品しかも新製品に無償交換とはなんとも羨ましい限りです。嫉妬を覚えそうなほどです。
SSDは構造原理的にどうしても書き換え回数による寿命があるため、約2年経っての新品交換とは、かなりラッキーだとおもいます。

私も、いまの節約をつづければ3月にはSSD化ができそうです。いまは、どこのSSDにしようか検討中です。
それまでは浮気をせずに、つつましく過ごそうかと思っております。

コメント、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by エンタ at 2011年02月14日 23:11
デュアルブート
こんちは
さて1015なんですが、UEFI BIOSを捜し求めています。
無いものを探していても埒が明きませんので、
HGST Travelstar 5K1000 2.5インチ HDD 640GBに換装しまして、
GPTにしてから128BGごとにぶった切り、win7をインスコしました。
先頭 131071 次から 131072 です、winちゃんは先頭に100MBの予約を作って、
win7-64bit が入り 2番目には win7-32bit がインスコできました。
UEFI起動でなかったため GPTでありながらMBRに支配される、ハイブリッドGPTになってしまいました。
もしご興味がございましたら、メールをください。
それではまた。
Posted by ねこ丸 at 2017年04月13日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。