2012年12月09日

電源故障!内部断線とEeePC1015PEM用電源購入のお話

今回は、電源ケーブルが内部断線したという報告とその代わりとなる電源購入の報告です。
本当は、すぐに修理しようと思ったのですが、もし修理に失敗してしまうと明日からネットブックが使えなくなってしまうので、修理するのはひとまずおいておいて、新しい電源を購入しました。


今回のポイント
 1.電源の内部断線、特に電源ボックスから出ている細いケーブルの付け根は内部断線しやすいと思われる。
 2.購入したACアダプタ電源は残念な感じ。黒しかない(エンタ調べ)し、しかも、LEDが微妙に安っぽい。



1.ケーブルの内部断線は突然に

先日、いつもの様に愛機 EeePC1015PEM を使っていたころ、バッテリー残容量が少なくなったとの警告が表示されました。
「んっ?電源はつないでいるし、接触がわるいのかな?」
と電源ケーブルをいじると、接続されたり切断されたり。
「あぁ〜・・・」
どうやら、内部断線したようです。

切れたポイントはここ。
Power001.JPG

ケーブル類で、頻繁に曲げられる部分やストレスを伴う部分は、どうしても内部断線しやすいですね。
今回断線して思ったのですが、今回断線した部分は、もし内部断線するとしたらここしか無い、という様なポイントです。
もう少し気を使っていればよかった、と思ってもあとのまつりです。

さ〜て、どうしたものか。

今回の内部断線、ある方向に少し曲げてテンションをかけると、微妙なポイントで接続できます。
なので、完全に使えなくなるという状況ではありません。

修理しようかな〜、とも考えましたが、第一に修理に必要なものが揃っていません。
ハンダとハンダゴテは引越しの際に捨ててしまいました。

もし分解してすぐに修理出来ないとしたら、明日からネットブックが使えなくなってしまいます。

そこで、電源を購入することにしました。


2.白いACアダプタが欲しいのに・・・

EeePC1015PEMで使えるACアダプタを探すことにしました。
電源の仕様をからこの電源のようです。


いろいろ調べたのですが、筐体に合うような白い電源は一般に販売されていないようです。
白いACアダプタ電源、気に入っていたので非常に残念です。
しかたがないので、この電源を購入することにしました。

届いて早速接続、普通に使えたので、ひとまず安心です。
ただ、届いてみて、色以外にいくつか残念なことがありました。

【残念な点 その1】
通電を知らせるLEDランプがこんな感じです。
ど〜見ても安っぽい。
Power002.JPG

ちなみに、付属のものはこんな感じ。
Power003.JPG

【残念な点 その2】
電源ボックスとコンセントケーブルとの接続する口がこんな感じの3端子の形です。
Power004.JPG

ちなみに、付属のものはこんなかんじでスマートです。
Power005.JPG

最後に

幾つか不満はあるものの、機能的には問題はありません。
いまのところは。

ただ、やっぱり電源も白いほうがいい。
修理するしか無いですね。
電源の修理は、箱を開けるまでが大変なのです。
安全性の都合から、AC電源は一般に分解できない構造になっているようです。
箱をかち割る必要があります。
とは言え、この電源、なっとくできないですね〜。

今度、知り合いにハンダごてを借りてきて修理しようかな〜、と思う今日この頃です。
posted by エンタ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306054587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。