2013年09月07日

快適!ネットブックライフ!(新型マイクロソフトエルゴノミクスキーボードのファーストインプレッション)

今回はマイクロソフトの新しいエルゴノミックキーボードのファーストインプレッションをレポートします。

Pic_Appearance.JPG

Pic_containts.JPG

Pic_NewKeybord.JPG


○ これまで使っていたキーボードは大きくて・・・

私はこれまでマイクロソフト社製のエルゴノミックキーボード Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000 v1.0 を利用してきました。

Pic_OldKeybord.jpg

このキーボード、見た目は独特なのですが、慣れるともう手放せないくらい使い心地が良いです。
使い始めて何年たったのか正確には覚えていないですが、少なくとも5年以上は使っています。
長年の利用で、いくつかのキートップは文字が削れて読めないくらいにツルツルです。

ただ、このキーボード、どうにも困った点があるのです。
それは、大きくて邪魔なになるとこがある点。
曲線的なデザインでもあるため、キーボードを使わない時は邪魔でしょうがない。
でも使い勝手がいいので、我慢して使い続けていました。

「何とかならないかな〜」と思っていた所、マイクロソフトから新しいエルゴノミックキーボードが発売されるというではないですか。
しかも今までに比べて、小さい!

ということで、即買いました。


○ 小さい!

実物をみて、やっぱり小さい!

P9060070 (2).JPG

お陰で机が広々使えます!
しかも、テンキーが別になっているところも、とっても良い感じで、電卓ライクに使えます。


○ キータッチ、悪く無いです。

キーですが、平面型のキーボタンに変わっています。

Pic_Newkey2.JPG

これまでは昔ながらの台形型の立体的なキーボタン、この変更の影響が一番気になっていたところですが、使ってみるとこれが気になりません。
タイピングの感じも悪く無いです。
これまでの使用感と大差なく利用できることがわかって、非常に安堵しました。


○ 良くない点は・・・

しばらく使って幾つか気になる点を見つけました。

まず、ダメな点、それは最上部にあるファンクションキーです。
これはひどい。
他のキーと明らかに感触が違っていて、なんと表現してよいか・・・まるでテレビのリモコンボタンみたいです。

あと、カーソルキーや特殊キーの位置を覚えるまで多少の慣れが必要のようです。
これまではカーソルキーや特殊キーは独立して配置されていたのですぐに使えたのですが、新しい方はコンパクトにした影響でメインのキーとくっついて配置されています。
多少の慣れが必要ですが、今までの経験からこの程度は慣れてしまえば全く問題なく使えるようになるでしょう。


○ 強度は十分

この形を見た時、強度的なところを気にしたのですが、全く問題ないです。
思っていたよりはるかに剛性があり、まるで鉄板でも入っているかのようです。
通常の利用で歪んだり歪むことはまず無いでしょう。


○ 蓋などのカバーには磁石を利用

電池カバーやフロントのスカートなどには磁石が使われています。
このため、取り付け取り外しが楽で、何よりも爪が折れる心配が無い点もいいです。


○ 最後に

まだ、使って2日目なので、しばらく使ってみます。
そこでまたレポートしたいと思います。
posted by エンタ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。