2010年12月24日

番外編1(ASUS EeePC 1015PEM を分解する)

(注意)
分解を実施される場合は、必ず自己の責任において行ってください。当方では、例え説明に間違えや誤解を与える表現などがあったとしても、分解によって発生したトラブル・事故については、一切の責任を負いかねます。また、分解を行うとメーカーの修理、保証を一切受けられなくなる場合があります。


今回は、EeePC 1015PEMの分解です。
Inside Of 1015PEM.jpg


SSDへの換装を考えている方には、特に興味があるのではないかということで、分解のポイントなどを報告します。

概要)
1.分解には、慎重さとチョットした度胸があれば可能
2.分解には、いくつかのチョットしたポイントがある
3.ディスクの取り出しは実施していない



1.背景

先日、価格.COMを久しぶりに訪れたとき、SSDの価格が目にとまりました。

思わず「安い」と唸ってしまいました。

だいたいの相場は、128GBで約2万円、64GBで約1万円、32GBであれば6千円程度。
私の月々のお小遣いは*万円(悲しいくらい少ないので伏字)、2、3ヶ月節約生活を送れば64GBくらいは買えそうです。
すぐには買いません(買えません)が、春頃には夢のSDD化が検討できそうです。

とはいえ、問題はEeePC 1015PEMのHDDを取り出すことができるのか。

そこで分解にチャレンジ、先日、なんとか成功したので早速報告です。

実はSSD換装の際に分解の仕方も報告しようと思っていたのですが、SSDの購入がいつになるのかわからないこと、分解までのブロセスも結構ありSSDの交換と同時にUPすると長くなりそうなこと、もしかしたら早く分解についてできるのか知りたい人がいるかも(いるかな〜?)、ということで、今回報告します。


2.分解前の準備

道具の準備
◯プラスドライバ(小)、または、プラスの精密ドライバ
 ネジを外します。
 止めてあるネジはすべて、小さなプラスです。
 先端が磁石になっていないと、ネジを取り出すのに苦労するかもしれません。
 ※ 私は磁石になっていませんでしたが、取り出しにくいところはセロテープを使いました。

◯マイナスドライバ(大と小)
 どちらかというと、大が重要です。
 バッテリーを外した両サイドにキーボードの爪ががっちりハマっているところがあり、この引っ掛けを外すところで使います。
 マイナスドラーバーの小はカバーを外すときにテコにしたり、適宜隙間に挿し込んだりするのに便利です。

除電
 分解の前に手を洗います。
 作業に入る前に、ステンレス製のキッチン、水道の蛇口などに触れて十分に静電気を逃がしてあげましょう。
 また、化繊のセーターなど作業中に静電気の発生しやすい服の着用は避けましょう。

本体の準備
 シャットダウンでマシンを落とします。
 そして、バッテリー、SDメモリカードを外します。
 また、ディクスの内容は事前にバックアップしましょう。


3.分解作業

 PCをシャットダウン、裏返してバッテリーを外します。
 バッテリーを外すと、4ヶ所(写真の赤◯部分)にネジが止まっています。
 このネジを外します。
Remove Battery.JPG

 次に、写真の部分つめを親指の腹などで外します。
End of Keybord.JPG

<ポイント>
 バッテリーを外した部分の側面に、写真のようにつめがハマっている部分があります。

Side of Bat house.JPG

 ここを、キーボードを本体から外す方向にテンションを掛けながら、マイナスドライバー(大)でこのつめを押すようにして外します。
Side of Bat house2.JPG

 しっかりハマっているので少し力がいりますが、慎重に少しづつ力を加えて外します。
 左右で2ヶ所ありますが、私の場合、裏から見て左側が外しやすいので、こちらから外しています。

 この2ヶ所が外れると、キーボードが本体から少し浮くので、浮いたところから徐々にハマっているつめを外していきます。
Gap of Keybord top.JPG

 外しにくいときは、マイナスドライバーなどでテコの原理でキーボードを剥がすようにハマっているつめを外していきます。
Gap of Keybord top2.JPG

 その際は、キーボドや本体のプラスティックは傷がつかないように気をつけて行います。
 このように進めていくと、比較的簡単にキーボードが外れます。

<ポイント>
 キーボードを外す際、キーボードと本体は写真の様にシート状のフラットケーブルで接続されているので、切断や傷をつけないように注意してください。
 勢い余って、このケーブルを切断してしまうと、もとに戻すことが出来ません。

Keybord cable.JPG

Keybord cable2.JPG

<ポイント>
 キーボードと本体をつなげているフラットケーブルを外します。
 外し方は、写真の様にフラットケーブルのささている部分のロックを外します。
 両サイドの黒い部分を引くとロックが外れて、フラットケーブルがとれます。
 
Unlock Keybord cable.JPG

 キーボードが外れました。
(おもて)
Keybord.JPG

(うら)
Reverse Keybord.JPG

 次に、パームレストを含むカバー部分を外します。
 
 止まっているネジを、+ドライバーで外します。
 
<ポイント>
 ネジには、長いネジと短いネジの2種類があります。
 写真の赤丸が長いネジ、青丸が短いネジです。
 基板にも書いてあるので、間違えないと思いますが、組み立ての際は気を付ける必要があります。

Biss.JPG

 すべてのネジ、11ヶ所を外します。
Bissies.JPG

<ポイント>
 カバーを外す前に、まずタッチパッドと本体をつないでいるフラットケーブルを外します。
 外し方は、写真の部分のフラットケーブルを押さえつけているつめを上げるとロックが外れ、ケーブルが外れます。


(ロック状態)
Pad cable lock.JPG

(アンロック状態)
Pad cable unlock.JPG

 パームレストのチョット上の部分にマイナスドライバーをテコのように使って、まずはパームレスト部分のキーボードに近い部分のつめを外します。
Side.JPG
 
<ポイント>
 パームレストのかどの部分が一番の難関です。
 マイナスドライバを隙間にかまして、テコにしたりして、ハマっているつめを1つ1つ外していきます。
 しっかりハマっており、しかもつめが折れそうな部分ですので、慎重、かつしっかりと力を入れて作業を行います。
 少しだけ度胸が必要な部分です。
 つめをおらないように、ドライバなどを駆使して慎重に作業をします。
 
Separate.JPG

 両端のかどのつめが取れれば、後は比較的簡単に外れると思います。
Separate2.JPG

 以上で分解作業は終了です。
All Parts.JPG


4.最後に 
 今回、HDDの取り出しは実施していません。
 というのも、ディスクのバックアップを1回も取っておらず、クラッシュの不安があったためです。
 
 ただ、HDDは見た限りでは簡単に取れそうです。
 ディスク上に横たわる2本のフラットケーブルを外し、ディスクを固定しているネジを外せば、簡単に取れるでしょう。
 フラットケーブルは側面に近い方の端子を取り外したほうが作業はしやすそうでした。
 
 HDDの換装など、実施された方がいたら、コメントいただけると嬉しいです。
 
 組み立て方は分解と逆の手順で行えば、簡単にできますので、説明は省略しています。
 
 また、これを参考に分解される方、くれぐれも自己責任でお願いします。
 
posted by エンタ at 01:45| Comment(16) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

快適!ネットブックライフ!(EeePC 1015PEM メモリ換装は、「開けてびっくり!」じゃなくて「開けてさっぱり?」だった!)

前回のメモリ換装の続きです。

(交換前)
  メーカー:HYNIX
  型番:HMT112S6TFR8C-H9
  規格:SODIMM DDR3-1333(PC3-10600)
  容量:1GB

(交換後)
  メーカー:PQI
  型番:ND31333-2G
  規格:SODIMM DDR3-1333(PC3-10600)
  容量:2GB

今回は、メモリの動作周波数を中心に、交換前と後での調査と比較を行いました。
また、メモリ交換前と後でベンチマークを実施し、その効果を見ています。

ポイント)
1.メモリの動作周波数は不明、変化も不明。
2.メモリの交換前後でベンチマークを実施(CrystalMark2004/R3を利用)
  メモリ項目のスコア値は 8210 → 8490 と280上昇だが、誤差の範囲
 ※ 結局、メモリの動作状況はさっぱりわからん。



1.Windowsエクスペリエンス インデックスの評価について(前回の復習)

Windowsエクスペリエンス インデックスのメモリ(RAM)の項目は、4.5 → 4.7 と0.2ポイント上昇しています。

(交換前)
Memory_1G.png

(交換後)
Memory_2G.png


この変化は何を意味するのか考えてみました。

項目の説明では、「メモリ(RAM):1秒あたりのメモリ操作」とあるので、この説明これだけ読むと、メモリへの読み書きの性能(のみ)で評価値が決まるように読めます。
しかし、インターネットの情報によると、容量の増加でも評価値は上がるようです。

ということは、評価の値が上がった理由が、メモリ容量の増加によるものか、それとも動作周波数の上昇があり読み書きの性能が向上したのかは判断出来ないということになります。


2.CPU-Zでのメモリ動作周波数の調査

CPUの動作周波数に変化があったのかどうかを見るために、CPU-Zを使って動作状態を調べてみました。

(交換前)
o1_cpu-z cpu.png
o2_cpu-z caches.png
o3_cpu-z mainboard.png
o4_cpu-z memory.png
o5_cpu-z SPD.png
o6_cpu-z graphics.png


(交換後)
n1_cpu-z_cpu.png
n2_cpu-z_cashes.png
n3_cpu-z_mainboard.png
n4_cpu-z_memory.png
n5_cpu-z_SPD.png
n6_cpu-z_graphics.png


この結果は意味不明で、私を非常に混乱させるものでした。
(見方が悪いのかもしれませんが・・・)

まずは、交換前後共に、メモリの種類がDDR3ではなくDDR2となっています。
(DDR3であることに間違えはありません。そもそも形状も電圧も規格として互換性がありません。)
CPU-Zがどのようにメモリの種類を判別しているのかがわからないため、誤認識の理由は不明です。

次に、MEMORYタブに表示されるはずのメモリの動作周波数が表示されていません。
通常は、実際の動作周波数が動的に表示されるはずなのですが、何故か表示されていません。

また、MEMORYタブを見るとCL(CAS Latency)が 5.0 → 6.0 と 1.0 上がっています。
 ・メモリ動作周波数は変わらずCL値が増えた
 ・メモリ動作周波数は上昇したためCL値が増えた
どちらなのか考えてみましたが、結局、どちらかは不明です。

私の認識では、メモリの内部に動作周波数(メモリの)に対応する複数のパラメータセットをもっており、動作周波数にあわせた1つのパラメータが選択されます。
内部にもっている各動作周波数でのパラメータセットは、CPU-ZのSPDタブに表示されます。
ただ、これも理由は不明ですが表示されていませんが。
CLの値は、その動作周波数に対応した(選択された)パラメータセットでf決定されると理解しています。
一般にCL値は、(メモリの性能にも依存はしますが、)動作周波数が高いほど増える傾向にあります。

これは希望的な推測なのですが、今回、CL値が上がったのは動作周波数が上がったために選択されるパラメータが変化した可能性もあると思っています。
というよりそう思いたい?


3.簡易ベンチマーク

いつものように、メモリの交換前と後で、CrystalMark2004/R3を使ったベンチマークを実施しました。
※ 今回は、データをまとめる時間がなかったのでそのまま載せています。すみません。

動作モードは、いつものようにSuper Performance Modeです。

(交換前)
o1_ベンチ.png
o2_ベンチ.png
o3_ベンチ.png

(交換後)
n1_ベンチ.png
n2_ベンチ.png
n3_ベンチ.png

メモリ項目のスコアが 8210 → 8490 と微妙に上がっています。
ただし、この程度の差は、誤差の範囲ともいえなくはないですが。


4.結局・・・

結論として、性能がよくなったのかどうかよくわからない、というのが正直なところです。

とても希望的な推測をすれば、(そんなことはないよ!と言われそうですが)もしかするとパフォーマンスも上昇したのでは、と思っています。

理由は、エクスペリエンスインデックスのメモリ項目のスコア上昇(0.2)、CL値の上昇(1.0)、ベンチマークスコアの上昇(3%)のためです。
ただ、上記のどれも僅かな差であり、理由を示す根拠としては非常に弱く、希望的な推測が多分に影響していることは否めません。

また、、パフォーマンスが上昇していたとしても、それを体感出来るレベルでは無いでしょう。

そもそも、私の使い方では容量が1GBの時でもメモリの不足を感じたことはなかったため、メモリ換装による効果を体感しようとしても・・・。
じゃあ、「なぜ買ったのか」と言われそうですが、「衝動買いですから・・・」としか言いようがありませんが・・・。

蛇足)
 CPU-Zには悩まされました。
 インターネットで調べたのですが、残念ながら時間切れ(忍耐の限界)といったところです。
 今回、報告の意味があるのだろうか、と悩みましたが、備忘録として記すことにしました。

posted by エンタ at 20:31| Comment(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

快適!ネットブックライフ!(EeePC 1015PEM メモリ換装(2GB DDR3 1333)で、開けてびっくり)

今回は、EeePC 1015PEMメモリ換装です。

仕事帰りにぶらりと立ち寄った量販店。
店内はクリスマス商戦とボーナス商戦でとても賑わっており、その雰囲気に触発されたのか、思わずメモリを買ってしまいました。

購入したメモリは PQI ND31333-2G [SODIMM DDR3 PC3-10600 2GB]です。
new_memory.jpg

価格は2980円、10%のポイントも付きます。
気軽に買える値段になりましたね。

今回のポイント)
1.メモリの交換はとっても簡単、誰でも出来ます。
2.交換後は、ちょっとだけパフォーマンスが向上。
3.予め装着されていたメモリは、DDR3-10600。


1.メモリの交換

交換はとっても簡単、誰にでもできます。

裏返して、メモリをカバーを止めているネジのキャップを外します。
bottom_side.jpg

ネジのキャップ外すと言っても、無くさないようにつながっています。
screw_cap.jpg

ネジを外してメモリのカバーを開けると、このようにメモリが見えます。
mem_cover_open.jpg

あとは両サイドのメモリを止めているピンを広げてロックを外します。
ロックを外すとメモリの端が浮き上がるようになりメモリを取り出すことができるようになります。
装着されていたメモリを取り出して、今度は逆の手順で、新しいメモリを装着します。

これが取り出したメモリです。
old_memory.jpg

2.気になる交換後のパフォーマンス

交換前と交換後のWindowsエクスペリエンス インデックスの評価です。

(交換前)
Memory_1G.png

(交換後)
Memory_2G.png

メモリ(RAM)の項目を見ると、4.5 → 4.7 とちょっとだけ評価が上がっています。
この程度だと、メモリ交換前と後であまり違いはないですね。

ちょっとだけか・・・取り出したメモリはと・・・PC3-10600・・・ん?


3.取り出したメモリのスペック

ASUSの日本正規代理店のHPから EeePC 1015PEM のメインメモリの仕様を調べてみると下記のようになっています。

ASUS EeePC1015PEM メインメモリの仕様
 標準/最大 1GB/2GB
 仕様 DDR3-667(PC3-5300)
 メモリスロット SO-DIMMスロット x 1 (空きスロット x 0)


外したメモリの型番(HMT112S6TFR8C-H9)から、その仕様を調べると DDR3-1333(PC3-10600) となっています。

仕様はDDR3-667ですが実際に装着されていたメモリはDDR3-1333でした。

Windowsエクスペリエンス インデックスの評価があまり変化しなかったのも納得です。

購入時に知っていればもっと得した気分だったかもしれませんが、今は交換して使わないメモリとなってしまったので、少々微妙な気分です。

これは、メーカーが公表の仕様が間違えていたのか、それとも十分な数を確保することができずに代替した、といったところでしょうか。


※訂正:もう少し調査しますが、どうやらパフォーマンスは本体側の性能に依存するところが大きいようです。そのため、上記、訂正しています。

ところで、他の人が購入したEeePC 1015PEM も同様なのでしょうか。
それともロットによって当たり外れがあるのでしょうか。
今は、それが一番気になります。
どうなのでしょう?

購入された方がいたら、教えてください。

※ なお、メモリ交換後のベンチマークは近日アップする予定です。
posted by エンタ at 16:57| Comment(23) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

快適!ネットブックライフ!(月額380円の公衆無線LANサービスの比較)

私は、ネットブック購入時に公衆無線LANサービスに加入しています。
ネットブックを使う利用シーンは自宅よりも外出時が多いだろうということ、月額380円であればたとえ使わない月があったとしてもそんなに大きな出費ではないこと、これが加入した主な理由です。

私のこれまでの使い方では、マックやルノアールで利用することが多く、サービスエリアはBBモバイルポイントを利用しています。
ライブドアワイヤレスもたしかに私の行動範囲にはたくさんあるのですが、腰を落ち着けて利用でき場所が多くないため、残念ながら利用はしていないのが現状です。

ところで、月額380円のBBモバイルポイントベースとした公衆無線LANサービスには、代表的なプランが2つあります。
ワイヤレスゲートのモバイルポイント+プラスとワイヤ・アンド・ワイヤレスのWi2 300です。

そこで今回は、私の目線でこの2つのプランを比較してみます。

○ 2つのプランの概要比較

それぞれのプランの特徴をごく簡単にまとめます。

【ワイヤレスゲート モバイルポイント+プラス】
・アクセスポイント数 約6500ヶ所
 (主なサービスエリア)
  BBモバイルポイント(約4,300ヶ所)
  ライブドアワイヤレス(約2,200ヶ所)
  成田空港エアポートネット
・その他
 NTTコミュニケーションズのHOT SPOTを追加したオールワンプランは、月額780円。

【ワイヤ・アンド・ワイヤレス Wi2 300】
・アクセスポイント数 約13,000ヶ所
 (主なサービスエリア)
  BBモバイルポイント(約4,300ヶ所)
  ライブドアワイヤレス(約2,200ヶ所)
  Wi-Fiスクエア
  成田空港エアポートネット
・その他
 リムジンバス、多くの高速バス車内での利用が可能。
 一部、IEEE802.11nが利用可能。

※ 簡単すぎてすみません。


○ どちらのプランがお得か

主なサービスエリアを比較すると、Wi2 300はモバイルポイント+プラスがもつサービスに、Wi2 300の独自サービスであるWi-Fiスクエアを加えた形となっています。
そのため、Wi2 300のアクセスポイントの数は、モバイルポイント+プラスのアクセスポイントの倍の13,000ヶ所になっています。

さらに、Wi-Fiスクエアでは一部、IEEE802.11nの高速な通信をサポートしています。

この2つのプランを単純に比較するとWi2 300の方がお得であるということができるでしょう。


○ 私の場合は、どちらを選ぶのか

私はモバイルポイント+プラスを利用しています。
2つのプランを単純に比較すれば、Wi2 300の方がお得なのですが、私の場合は、次に挙げる2つの理由でモバイルポイント+プラス使い続けています。

1つ目の理由は、乗り換える手間以上にWi2 300のWi-Fiスクエアにメリットを感じていないためです。
利用者にとって、自宅や職場や学校などのよく良く行く場所の付近に利用できるアクセスポイントがどれだけあるのかが重要な要因になります。

Wi2 300のWi-Fiスクエアの紹介ページで、これがどのような場所で使えるのかを調べて見ました。主な利用可能エリアは、エアポートリムジンや長距離バス、丸の内や横浜の特定地域、などとなっています。
また、Wi-Fiスクエアの利用可能エリア検索で、日頃私が行くような場所も検索してみました。
その結果、私が行く場所でWi-Fiスクエアが設置されている所は、せいぜいビックカメラ系列くらいでした。
ただ、ビックカメラでは、腰を落ち着けてネットブックを使う気にはなれません。

ということで、私が利用するであろう場所にはWi-Fiスクエアは設置されていませんでした。
そのため、手間をかけてまで乗り換えるほどメリットが感じられていません。

2つ目の理由は、ワイヤレスゲート オールワンプランにいつか変更したいと思っているからです。

オールワンプランは、BBモバイルポイント+プラスのサービスエリアにNTTコミュニケーションズのHOT SPOTを加えたプランです。
モスバーガーや都営地下鉄、東京メトロなど、私がよく利用する多くの場所にHOT SOPTは設置されています。
HOT SPOTのマークもよく目にします。
HOT SPOTにはかなり魅力を感じています。

そこでいつかこのプランに変更したいと思っているため、ワイヤレスゲートを使い続けることにしています。

ただ、更新すると、料金が月額780円とほぼ倍になってしまいます。
200円程度の追加ですむならば即決なのですが、やはり月々400円の増加では割高感があります。
そこで、しばらくは様子みようかと思います。

以上は、あくまで私個人的な意見です。

皆さんは各自で自分の利用シーンに合わせたプランを選択してください。
posted by エンタ at 23:43| Comment(0) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

快適!ネットブックライフ(メモリカードスロットを有効に使う)

今回は、メモリーカードスロットについて、私流の快適設定を紹介します。

ポイント)
1.メモリーカードは、常に挿しっぱなしにして、特別なことがない限りは外さない。
2.Windows ReadyBoost機能の設定を行う。
3.作業中のファイルやよく使うファイル・プログラムはメモリーカードに保存する。

主な目的は、HDDのアクセスを減らし消費電力を抑え、ネットブックの特徴であるバッテリーでの長時間稼働をすることにあります。


1.SDメモリーカードの装着

EeeP PC1015PEMには、メモリーカードスロットが1つ搭載されています。
幸いなことに、SDメモリーカード(以下SDメモリー)を挿しても筐体からはみ出さないので、挿しっぱなしにしても邪魔になりません。

SDCardSlot.jpg

いま利用しているメモリーカードは、HagiwaraComsysの4GBです。
Yamada電気さんで、¥980で入手しました。

SDMemoryCard.jpg

※ できれば、高速で16GB以上の大容量にしたいですね。


2.Windows ReadyBoost機能の設定

リムーバブルメディアのプロパティを開きます。
RemovableDiskMenu.png

ReadyBoostのタブがあるのでこれを開きます。
ここで、このデバイスを利用するにチェック、予約する領域を指定します。
搭載されているメモリーの2倍程度を設定します。

Windows ReadyBoost.png


3.よく使うファイルやプログラムをSDメモリーに保存

Windows ReadyBoostの設定で余った領域には、よく使うファイルやよく使うプログラム等を保存して利用します。
これで、出来るだけHDDへのアクセスを減らすようにします。
私の場合、編集中のファイル、テキストエディタ、IEの一時ファイルを保存しています。

※ ただし、IEの一時ファイルは、おすすめできない点もあるので自己責任でお願いします。
posted by エンタ at 22:59| Comment(4) | 快適!ネットブックライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。